豆料理を食べよう

笑顔の男性

大豆サポニンは、動脈硬化や高脂血症や高血圧の予防に役立ってくれます。最近では、がんやエイズ予防にも役立てようと、研究が進められています。また、お酒を飲む人にも大豆サポニンは欠かせません。肝臓の機能も高めてくれます。

腸内の善玉菌を増やす

サプリ

健康になる秘訣は善玉菌を増やし、腸内バランスを整えることなのです。そのために乳酸菌サプリを活用し、悪玉菌を減らしていきましょう。お腹を温める習慣を身につけることで、腸の機能を向上させて乳酸菌サプリの吸収性を高めることができます。

妊娠中の方が悩む

妊婦

赤ちゃんを産むことはとても大変な事です。妊婦さんは初期から後期まで、色々な体の変化が起こります。その中で様々な不調を感じる事も多いでしょう。多くの妊婦さんが悩む体の不調の一つに、便秘があります。妊娠前まではスムーズだったという方も、妊娠してからは便秘になったという話を、よく耳にします。妊娠の初期の頃の便秘の原因は、黄体ホルモンの影響で、腸の動きが弱まるためと言われています。また悪阻などで、普段食べているものが食べられない事も、腸の調子が崩れる原因になっています。そして後期になると、お腹の赤ちゃんが栄養だけでなく、水分も必要となるため、お母さんはいつも以上に水分を摂らないと、水分不足になり、結果それが便秘に繋がってしまうのです。

妊婦さんが便秘を解消する方法として、やはり一番良い方法は、便秘に効果的な食べ物を取り入れる事でしょう。りんごやバナナ、さつまいもなどは手軽に食べられるので、お勧めします。しかし果物は糖分も高いので、体重増加に繋がる夜は避けて、なるべく朝か昼に食べるようにしましょう。またヨーグルトや、食物繊維が豊富な野菜もお勧めです。それに加えて水分も意識して多めに摂りましょう。健康食品の中には、妊婦さん向けの物も多くあるので、試してみるのも良いかもしれません。また安定期に入ったら、軽い運動をする事も便秘には効果的です。これらを試しても改善されないようなら、無理をしないで、妊婦さんが飲める便秘薬をお医者さんに貰いましょう。市販の便秘薬は絶対に飲まないようにして下さい。

西洋医学と東洋医学

困る婦人

更年期障害は、ホルモン補充療法が一般的です。しかし西洋医学の薬だけでなく東洋医学の漢方を取り入れた治療は、症状が複数現れる更年期障害に効果があるとされています。最近では保険の適用もできる漢方薬を用いた治療をしている病院もたくさんあります。