腸内の善玉菌を増やす

サプリ

善玉菌を増やして健康に

若いころはお腹の調子が悪くなることは少ないものですが、これは腸内に豊富な善玉菌が存在しているからです。腸内バランスは赤ちゃんのころが最適な状態であり、大人になるにつれて乱れていきます。20代くらいまでは良好な状態が続きますが、30代になると腸内バランスの差が顕著になってくるのです。若いころと比べて便秘体質になった、お腹が張るようになってきた、などと感じる方は乳酸菌サプリを飲んでみるとよいでしょう。飲料・食品として活用されるヨーグルトにも乳酸菌が含まれていますが、腸内に生きたままの菌を届けるためには乳酸菌サプリのほうが効果的です。サプリは手軽に飲めますし、吸収性が高いというメリットもあります。食後に飲むクセを身につければ、飲み忘れることもなくなります。

お腹を冷やさない工夫も

お腹の調子を整えるために乳酸菌サプリを飲むのですから、生活の悪い部分も見直していきましょう。腸内環境を活性化させるためには、お腹を冷やさず温めることが大切なのです。内臓全般は温めることで機能が高まり、冷やすことで下がるからです。乳酸菌サプリはそのまま飲んでも吸収されますが、さらに吸収性を高めるためには冷水で飲むのは避けましょう。少し温かいお湯で飲むことで、同時に腸内を温めることができます。それにより代謝が向上して、太りにくい体質に変えることもできるのです。腸内バランスが乱れている方は冷え性を患っていることも多いので、冷え解消のためにも冷たい飲み物はなるべく避けましょう。温かい食品を意識して摂ることで、善玉菌を元気にして健康・美容を促進できます。