西洋医学と東洋医学

困る婦人

体質に合わせて選ぼう

更年期障害では、普通病院に行くとホルモン補充療法を勧められます。これは、加齢によって減少しているエストロゲンを補充するもので、健康保険が適用されるため自己負担も少なくて済む最も一般的な治療法です。この治療薬は更年期障害に多発するホットフラッシュや多汗、動悸、息切れなどに効果があり、不眠症の改善や肌荒れの緩和にも役立ちます。ホルモン補充療法には経口剤と経皮剤があり、飲み薬は胃腸や肝臓に負担がかかることがあり、貼り薬は内臓への負担が少ないですが、皮膚が弱い人には不向きです。更年期障害には、ホルモン補充療法が効かない場合やうつ状態や不安感が激しい場合があり精神的な症状が重い場合には、抗うつ薬や抗不安薬が処方されます。

西洋と東洋2つの力で改善

ホルモン補充療法のような西洋医学の治療法だけでなく、更年期障害は漢方薬で治療することもできます。胃腸や皮膚が弱くて、ホルモン補充療法ができない人や更年期障害の症状が多種にわたる場合には、漢方を勧める医師も多くいます。漢方薬は長い年月をかけて自然の植物や動物、鉱物などから薬効を持つものを複合的に組み合わせて出来たものです。そのため様々な症状に効果のある処方が可能になっています。特に更年期障害では、一つの症状ではなく同時に体に現れるので、漢方薬が効いたという実感を持つ人が多いのです。最近では、健康保険で扱える漢方薬の数が増えていて、西洋医学か東洋医学ではなく両方を使ってその人に最適な処方をする病院も増えてきています。自分でも漢方の知識を持って、病院を選ぶことも更年期障害を早く克服する道でもあります。